作品集Creaters

創作貼箱

--「創作貼箱」は「紙」が命--
「創作貼箱」は無数にある紙の中からテーマに合わせて紙をコーディネートし、幾重にも紙を貼り合わせて作っていますので、一つとして同じものを作ることはできません。
紙を貼り合わせることにより、より丈夫で想像もしなかった偶然を生み出し、私にとっていとおしい箱になってくれました。捨てられる運命の箱ではなく、何か大切なものを入れて使いたくなるような箱であればこの上なく嬉しい限りです。

作品に使用した紙

キュリアスメタル 使用した紙を見る >
きらびき 使用した紙を見る >
まんだら 使用した紙を見る >

クリエーター紹介

作り手

中井 亜矢 なかい あや

デザイン学校卒業後、紙器パッケージ会社の企画室でパッケージデザインを制作。
その後、紙のショールームでペーパーコーディネーターとして勤務。
現在は、デザインやコーディネートの仕事をする傍ら、国内外のさまざまな紙を貼ったオリジナル「創作貼箱」を作成し、1回目の個展を紙のショールーム「PAPER INN」にて開催したことをきっかけに本格的に制作活動中。

作品に込めた想い
貼箱に出会ったのは数十年前。
パッケージデザインの仕事の合間、年末の繁忙期に貼箱製造の手伝いに行ったのがきっかけで、「貼箱」というものに興味を持ちました。厚い板紙に紙を貼って箱になるシンプルな作業工程がただ楽しかった思い出がずっと頭の中に残っていました。
紙の魅力とは?
紙はいつも私の仕事の側にありました。
板紙やダンボール、包装紙や袋、印刷に適している洋紙等。
さまざまな紙の特性を学ぶことでますます紙の奥深さを知ることができました。
また、手漉きの和紙の平滑な美しさや、輸入紙の斬新なデザインや風合い、粗悪であることが面白かったりと、紙に対しての興味はまだまだ尽きません。

 <<前の記事へ  |クリエイターTOP 次の記事へ>>

PAGE TOP